腫れや内出血を軽減する

注射器

クリニック選びで術後の症状を抑えよう

ボトックス注射はメスを使わないプチ整形ということもあり、副作用や失敗のリスクが少なく安全性の高い施術と言われています。ですが、注射針を刺して薬剤を注入するという施術を行うため、どうしても術後に腫れや内出血といった症状が起こります。腫れや痛みは弱いものであまり気にする必要はないものの、できるだけ術後のダウンタイムを短くしたいと考えている人は、症状を軽くしたいと考えるかもしれません。ボトックス注射の副作用としてポピュラーな腫れや痛みといった症状は、クリニック選びを慎重に行うことで軽減することが可能です。例えば腫れを抑えたいという場合、ボトックス注射の経験が豊富で技術が高い医師が施術を行うクリニックを選びましょう。術後に腫れてしまうのは注入する薬剤の量が適切では無かったというケースが多いため、注入量をきちんと見極めることができる熟練した医師を選ぶことが必要です。薬剤の適切な注入量は施術部位や皮膚の厚さなどによっても異なると言われており、経験豊富な医師を選んだ方がより腫れが出にくいと考えられます。内出血は薬剤を注入するときに注射針を刺すことで起こる症状なので、ボトックス注射を行う上では避けられません。ですが、できるだけ細い注射針を使って施術を行うクリニックを選べば、内出血の症状は抑えられます。

人の筋肉はアセチルコリンという神経伝達物質が、脳からの指令を受けて筋肉を刺激することで動くとされています。ボトックス注射はこのアセチルコリンの量を減らすことで、筋肉の動きを抑制しアンチエイジング効果や小顔効果、脚痩せ効果など発揮するプチ整形です。例えば、眉間の筋肉にグッと力を入れるとシワが寄りますが、この筋肉の動きがクセになっている人の場合、眉間のしわが常に出てしまうようになります。眉間部分の筋肉に力を入れるのを無意識に行ってしまうため、いつも不機嫌そうな表情になってしまうシワです。ボトックス注射を眉間に施すことによって、筋肉の動き自体が弱められ無意識にシワを寄せることもなくなり、表情も柔らかいものに変わります。また、筋肉が大きく発達していることで足が太く見えるというケースでも、施術を行うことによって筋肉が細くなり痩身効果を得ることが可能です。ただ、筋肉に作用する薬剤を注入すると聞くと副作用が出てしまうのではと、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。美容整形はどのような施術でも全く副作用やリスクが無いとは言えないものの、ボトックス注射の場合は比較的このような心配はありません。足に薬剤を注入すると筋肉が痩せ衰えて歩くのも困難になるということはなく、適切な注入量を守ることで自然に足痩せを実現します。